採用

2021/11/17

新卒2人がKDDIの営業職を選んだ理由は、「ワクワク体験の創造」と「課題解決」の実現

新卒2人がKDDIの営業職を選んだ理由は、「ワクワク体験の創造」と「課題解決」の実現

WILL営業コース*で2021年4月に入社した二人の新入社員にお話を伺い、「KDDIで働くこと」「WILLコースで入社するメリット」に迫ります。同じ営業といっても、秋葉さんは代理店営業で、個人のお客さまに対するモバイルやサービスの提案と販売施策の立案と実行を担当。一方、江尻さんは法人営業で、法人のお客さまの課題に向き合い、「真のビジネスパートナー」を目指しています。入社して半年経つお二人に、お仕事の違いやリアルな声を伺いました。


  • ※ WILL営業コースは、現在WILLパートナーマネジメント(代理店営業)コースと、WILLアカウントコンサル(法人営業)コースの2コースに細分化して採用を実施しています。

目次

■インタビュイー略歴


秋葉 飛憂雅

秋葉 飛憂雅

パーソナル事業本部 コンシューマ営業統括本部 コンシューマ広域量販統括部 コンシューマ首都圏量販第1支店 営業1グループ  2021年度、WILL営業 、現WILLパートナーマネジメント(代理店営業)コース入社。
江尻 美優

江尻 美優

ソリューション事業本部 ビジネスデザイン本部 営業4部 営業3グループ 2021年度、WILL営業 、現WILLアカウントコンサル(法人営業)コース入社。

入社の決め手は、「人を大切にする」理念

入社の決め手は、「人を大切にする」理念

通信業界を選ばれた理由は?

秋葉:学生時代に新幹線で帰省中、今まで電波の通らなかったトンネルの中に電波が通り、すごく便利になり、ワクワクした経験があります。キャッシュレスの面でも、首都圏では○○payという言葉をよく耳にする機会が増えましたが、地方での認知度は低く、山形県で飲食店を営む私の実家でも導入できていない状況でした。

そういった経験を通して、付加価値サービスを全ての方に平等に届けていきたいと思うようになり、また社会に大きな影響を与える通信を使い、ワクワクする体験を多くの人に提供していきたいと思い、通信業界を選びました。

江尻:この業界を選んだのは、影響力の大きさです。通信は個人・法人・業界団体などさまざまな方に関わっているので、私が変えていけることがたくさんあります。同じKDDIという会社にいながら、通信×教育、通信×地方創生など幅広い分野に関われると考えました。

BtoBtoCという業態なので、目の前の人の課題を解決しつつ、その先の社会課題も解決できる点に惹かれました。

また、好奇心が旺盛で新しいことにチャレンジしてみたい私にとっては、変化の速い通信業界は魅力的だと感じています。

なぜ、通信業界の中でもKDDIを選んだのですか?

秋葉:一番は、「一人ひとりがKDDI」というフィロソフィにもある通り、社員を大事にしている点です。私は野球部で教育係をしていた時に、どんな立場にいても、当事者意識を持って活動することの大切さを強く実感しました。全国を目指すような強豪校だったのですが、部活内でもA・B・C・Dと4つのチームがある中で、CやDのチームが当事者意識を持つことでチーム全体の底上げに繋がっていることを感じることができました。目標達成にも、会社として成長するためにも、一人一人の重要性は欠かせないと思います。

江尻: KDDIで働く「人」に惹かれたからです。OB・OG訪問をした際、皆さんが仕事に誇りを持ちつつ、楽しみながら熱量高く働いていることが伝わってきました。私もそのような方々と一緒に働きたいと思いました。

また、企業理念の「全従業員の物心両面の幸福を追求する」という箇所から、KDDIは一人ひとりが大切にされる環境なんだろうなと思いました。

課題解決がしたくて、営業を志望

課題解決がしたくて、営業を志望

WILL営業コースを選んだ理由を教えてください。

秋葉:営業は、1人ではできない仕事だと思っています。周囲を巻き込みながら仕事を進める代理店営業において、大学時代に培ったチームマネジメント力や後輩育成力を活かして、チームの力でワクワクする社会の実現を目指したいと考えました。

江尻:大学時代にゼミで企業さまのコンサルをしていた経験から、企業の課題を解決する仕事がしたくて、法人営業を志望しました。当時は提案をする段階まででしたが、実際に自分の提案がどんな影響を与えるのか見てみたい、プロジェクトで終わりではなく、目の前のお客さまと長い関係を築きたいと思っていました。法人営業なら、この課題解決の提案から実行という、すべての工程に関わることができると考えました。

実際にKDDIに入社されて雰囲気はいかがですか?

秋葉:家電量販店で5Gの利点をお知らせする店頭用のPOPツールを考案したのですが、400名ほどが参加される大きなミーティングで全体共有されて、すごく嬉しかったですしモチベーションに繋がりました。一人ひとりをすごく大事にする会社で、みんなが活躍できるフィールドがありますね。皆さん温かくて、毎日楽しいです(笑)

江尻:大きな会社なので、色々な人がいて面白いですよ。皆さん共通して、仕事に熱心な方が多いと感じていて、想像通りの雰囲気でした。

普段の業務内容を教えていただけますでしょうか?

秋葉:池袋エリアの家電量販店にある携帯販売コーナーの営業担当として、売上実績を上げるためのあらゆる活動を行っています。例えば、他キャリアの動向調査や取引先との良好な関係構築、店舗スタッフのモチベーション維持につながるアイデアを考えるなど、営業としてマネジメントをしています。先にお話しした5Gの利点をお知らせする店頭POPツールも、店舗スタッフの働きやすさと売り上げ向上を考慮して考えたものです。

また、代理店営業は会社の利益の約70%を担っています。店舗スタッフと課題を共有し、同じ目標に向かって協力しあいながら達成した時は、みんなで喜びを分かち合えるやりがいのある仕事です。

江尻:私は、建設業界の企業さまに対する営業をしています。通信の営業は回線を売るイメージが強いかもしれませんが、決してそうではなく、担当範囲にはDX(デジタルトランスフォーメーション)やドローンなどもあり、領域は多岐にわたります。

例えば、全拠点の音声環境の刷新や、ネットワーク更改の提案もありますが、ドローンを用いた点検や測量の提案などもしています。

お客さまのことを一番知っているのは担当している自分なので、「若手だからできない」ということはないと思います。自分が中心になって案件を進めていくことができるので、裁量はとても大きいと感じています!

どのような時にやりがいを感じますか?

秋葉:店舗スタッフから頼られることがあるとすごく嬉しいですし、現場の状況をスタッフと共に考え、対策を練って数字が上がった時はやりがいを感じますね。

また『自分の土俵で戦うこと』を意識しています。自分の強みを会社の中でどのように活かせるか考え、貢献できた時はすごく嬉しく思います。

江尻:お客さまからお困りごとをご相談いただけた際は、信頼を得られていると実感でき、やりがいを感じますね。また、私から提案したものに対して「いいね!」と言ってもらえた際にも、これからお客さまと一緒に新しいことに挑戦していけると思い、ワクワクします!

温かな社風だから、自分らしく頑張れる

温かな社風だから、自分らしく頑張れる

メンバーやサポート体制についてはいかがですか?

秋葉:メンバーは感情が豊かな人が多いです。また、上司との面談や研修などもたくさんあり、疑問点や現状、進んでいる方向が間違っていないかなど一緒になって考えてくれるのですごく良い環境だと思います。

私は店舗を担当する中で意識して行動すべきことや心構えなどを『虎の巻』というオリジナルの資料にまとめたのですが、これから量販店部署に入ってくる後輩などに有効活用してもらえると嬉しいです(笑)

江尻:お客さま思いで、自分の考えがしっかりしていて、ロジカルな方が多い印象です。 サポート体制は充実していて2週間に一度、上司との1on1ミーティングがあります。日々感じていることをお話したり、案件の相談をしています。

今後のキャリア形成についてお聞かせください。

秋葉:まずはお客さまと近い立場で仕事をする中で、営業にとって大切な現状把握のプロになっていきたいです。営業を経験した上で、将来的には地方創生の業務にも関わっていきたいですね。

江尻:希望していた法人営業の配属になり、仕事も充実していて楽しいので、しばらくは法人営業に注力したいです。そして、お客さまにも会社にも貢献できる営業になりたいと思います。

将来の夢や目標はありますか?

秋葉:現場を一番に考えられる上司になっていきたいですね。それと同時に、現場の意見を吸い上げる風通しの良い職場を作っていきたいです。

実は、同期とお笑いコンビ「ニュースタンダード」を組んで活動しています。いつか、KDDI公認のお笑い芸人『御社弊社』さんを超えられるように、仕事とお笑いの両立を目指していきたいです(笑)

江尻:同じ部にいらっしゃる偉大な先輩方を追い越すことです!社内の人からは「一緒に働きたい!」と思ってもらえ、お客さまからは「何かあったら相談しよう」と思ってもらえる営業に早くなりたいです。毎日のように新しい経験ができて、成長できる環境だと思います。

インターンバナー画像

この記事をシェア

Facebook LINE Twitter

RECOMMEND おすすめ記事

RANKING 人気記事ランキング