Tomorrow, Together KDDI

小山 智絵 通信×平等

大切なのは、将来どうなっていたいかを想像することです。

ネットワーク:ソリューションエンジニア
小山 智絵
CAREER STEP
2017年
ネットワーク/
ソリューションエンジニアとしてアカウントSE業務に従事
2019年
ネットワーク/
ソリューションエンジニアとしてプロダクトSE業務に従事
2020年
副業/
採用業務に従事

キャリアについて聞かせてください。

入社してから現在までSEとして業務にあたっています。
入社2年目までは、アカウントSEとして、小売り業のお客さまとやりとりをしながらネットワーク構築を行う業務を行っていました。お客さまに技術内容を説明する際の言い回しや話し方など、社会人の基礎から先輩社員に指導して頂きました。
現在は、プロダクトSEとしてネットワーク技術に特化したサポート部隊で業務をしています。
本業に加えて、「社内副業」の制度を活用して、人財開発部 採用Gにて採用ウェブサイトの企画、制作、ロールモデル社員のインタビュー企画に携わっています。日々新しい業務に向き合っており、SEとして経験できないことを経験させてもらっています。

プロジェクトや普段の仕事で成長した点を教えてください。

私は副業にて「自分の想いよりも相手視点」が必要であることを学びました。
採用HP企画・作成にて、コンテンツを決定する業務を行ったことがあるのですが、私が選択したコンテンツ理由は浅かったのに対して、先輩社員の企画決定理由には、相手の視点が含まれており、より深いものでした。この経験をきっかけに、自分の想いを反映するだけでなく、何よりも採用HPを見る方が“何を求めているのか”、 “何が知りたいのか”を考えることが必要だと実感しました。
一見、SEと採用Gでの業務はまったく違くように感じますが、例えばお客さまに提案する資料においても、時間をかけて検証した内容を、すべて資料に記載したいという想いはありつつ、見る人が必要ない情報は載せず、相手にとって有益な情報のみを掲載した資料を意識的に作成できるようになり、副業での学びが活かされていると感じています。

今後挑戦しようとしていることは何ですか?

私はSEや副業での経験を活かし、“人”に携わる業務を行いたいと考えています。
本業にて、お客さまへ提供するネットワーク構築のための検証を行っていたところ、計画や内容も大切ですが、お互いの気づきや意見交換ができるコミュニケーションが重要だと思いました。“チーム”としてお互いが協力しあえる体制をつくることで、プロジェクトは成功するのではないかと思い、“人”の重要性を感じています。
また、副業を通して、KDDIをつくっているさまざまな部署の方のお話を聞くことで、多様な人財がKDDIにいることを誇らしく思い、社内外の方に、「魅力的に“人”を発信していきたい」と考えるようになりました。
まずは、現業務において、自分自身が技術力やコミュニケーション力で、惹きつけるような人になれるよう日々精進していこうと思います。

MESSAGE

自分のやりたいこと、魅力的だと思うことができる会社を選んでいただければと思います。
就職活動を行っていると、会社の方針に意見を合わせたり、やりたいことが分からなくなったりすることがあると思います。そんな時は、OB/OG訪問や会社説明会を通じて、社員の方に将来の自分の姿を重ね合わせ、“将来どうなっていたいか”を想像することで、入社したい会社が見えてくるかと思います。私の場合は、入社当時、KDDIの社員の方に「研修制度が整っており、KDDIに入社してから技術力を磨くことができる」とアドバイスいただき、SEになることを決断できました。KDDIを選んでいただけましたら、いつか一緒にお仕事をできるのを楽しみにしています。

あなたはここにどんな言葉を入れますか?

通信×□

昨年、プロジェクトでミャンマーに出張し、ネットワーク構築を行いました。
日本とは違い、むき出しの回線や絡まりあうケーブルが当たり前である環境に驚きました。
同時に、環境が違えど、通信はどの国でも必要なモノだと身をもって実感しました。
今後、通信が発展していない国に、日本と同じ品質で、平等に通信を届けられるように貢献していきたいと思っています。

通信×平等