Tomorrow, Together KDDI

江口 敦哉 通信×働き方

仕事を効率化して、世の中をもっとクリエイティブに。

ネットワーク:ソリューションエンジニア
江口 敦哉
CAREER STEP
2018年
ネットワーク/
ソリューションエンジニア業務に従事

キャリアについて聞かせてください。

私は2018年に入社し、SEとして配属決定後は約半年間、ネットワークの資格取得に向けた研修やOJTを通してSE業務に必要とされる基本的なスキルを学びました。
2019年からは官公庁担当のSEとして現場に配置され、以降複数のお客さまの社内ネットワークを担当させていただきながら現在に至ります。
私がこれまで関わってきたプロジェクトは、お客さまの業務上欠かせない基幹ネットワークを扱うもので、拠点数も数百に上る大規模案件が中心でした。また業務内容も提案から構築、アフターフォローまで幅広く、そのためプロジェクト期間も2年超などの長期案件がほとんどでした。
KDDIのSEとしての役割は主に「プロジェクトのまとめ役」です。お客さまの要望を整理し、社内の役割を決め、パートナー企業と連携して案件を進めます。
普段のSE業務は数人のチームで動くことも多く、お互いに役割を分担し、助け合いながら業務をしています。

プロジェクトや普段の仕事で成長した点を教えてください。

SEという職種はプロジェクトを取りまとめる上で、お客さまはもちろんのこと、社内やパートナー企業などそれぞれの立場でのメリットが最大化するように物事を進める必要があります。
そのため普段の業務の中で「相手視点に立って考える」ことは、入社時と比べて無意識的にできるようになったと思います。
お客さまには数年先の将来を見据えた提案を実施し、社内ではそれぞれの部署の方針に沿うように役割を定め、パートナー企業にとってはKDDIと協業することが最善の選択肢となるように、SEは実現可能性を考慮しつつ案件の舵を取ります。
社内で活躍する社員を見ていてもさまざまな視点で物事を捉えることができる人は、柔軟に対応を変化させ難しい局面も乗り越えているように思います。
「相手視点に立って考える」ことは場面を問わず必要な力だと思うので、私自身も今後さらにスキルと経験を積み、社内外からの信頼を集められるような人材を目指していきます。

今後挑戦しようとしていることは何ですか?

今後はさまざまな事業や職種を擁するKDDIという環境を生かし、SEよりもさらに専門的な技術が必要とされる部署での業務に関わりたいです。
当面はSEとしてお客さまの問題を解決する経験を積みたいと考えていますが、将来はネットワークのスペシャリストとなるべく巨大なau網を運用するKDDIの技術力やノウハウを身に着けるために、より技術に近い部署で働きたいと考えています。
そしてSEとしての業務の中で経験したお客さまの課題解決の経験とKDDIの技術力を掛け合わせ、KDDIのサービス向上や新サービス開発に関わり、ゆくゆくは世の中の人がよりクリエイティブに働けるように貢献出来たら嬉しいです。
とはいえまだまだSEとして半人前なので、まずは一人前のSEとして社内外から認められるよう、目前の業務に愚直に取り組んでいきたいと思います。

MESSAGE

私自身が学生の頃は漠然とした将来像しか描けていなかったので偉そうなことは言えませんが、みなさまには是非学生のうちに将来実現したいこと、夢を見つけてほしいと思います。
その上で少しでもKDDIに興味を持っていただけたのであれば、そのご自身の夢を「KDDIであれば実現できるか」について考えていただければと思います。
今までKDDIはauの事業が主軸ですが、現在は通信のほかにも多様な事業に注力しているので活躍の場はさまざまな形で存在します。少し調べてみると意外な形でみなさまの夢がKDDIで実現することができるかもしれません。
ちなみにSEという職種は多くの人と関わりながらお客さまの課題解決をともに実現できる、とても面白みがあり、また学びも多い仕事だと日々感じています。私自身は文系出身ですが文系理系問わず活躍できるのがSEのよいところだと思うので、興味を持っていただけると嬉しいです。
みなさまと、それぞれの夢に向かって一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています。

あなたはここにどんな言葉を入れますか?

通信×□

2020年には新型コロナウイルス感染症が流行し、在宅勤務の導入や感染防止対策など個人や企業の働き方が大きく見直されました。
また今後は少子高齢化が一層進んで就業人口が減少するとされ、育児や介護と仕事の両立がより求められる時代が来ています。
そのような状況に対し、私は通信の力で仕事をより効率化できると考えています。
同量の業務を少ない労力で処理できれば労働力不足が改善されるだけでなく、より創造的な仕事に手を回すことができるでしょう。
こうして将来の世の中が楽しくなるように貢献していければと思います。

通信×働き方