Tomorrow, Together KDDI

中尾 雄大 通信×ヒト

子育てと仕事の両立を楽しみながら充実させたい。

ネットワーク:インフラエンジニア
中尾 雄大
CAREER STEP
2019年
ネットワーク/
5Gエリア構築業務に従事

キャリアについて聞かせてください。

私は2019年の秋に中途採用でKDDIに入社しました。中途入社ということもあり「即戦力」として期待に応えられるよう、自分の強みを生かしてチームに貢献することに注力してきました。とはいえ、特に入社当初は既に在籍されているメンバーの方々から教わる事が多かったのですが、新参者の私に対してもみな親切に接してくださいました。加えて技術に真面目な方が多く、同じ業界で働いてきた者同士、興味や苦労話など共通項も多くスムーズに馴染むことが出来たように思います。
また当時は、KDDI含め各移動体通信事業者が5G商用サービスの開始に向け、最後の追い込みをしているフェーズでした。前職でも「移動体通信業界」で働いてきましたが、通信事業者の立場から5Gのサービス開始に携われたことは非常に幸運だったと思っています。

プロジェクトや普段の仕事で成長した点を教えてください。

「5Gの商用サービス開始」が当時の重要なプロジェクトの1つであり、本部間横断のワーキンググループが発足されていました。入社後は、そのプロジェクト配下の作業班にアサインされ、メンバーの入れ替えのタイミングも相まって、その班のチームリーダーを担うことになりました。チャレンジングなポジションで手探りではありましたが、チームメンバーの方々と共に課題解決に向け尽力することで、無事に業務を遂行できたことはもちろん、他部署の方々とも仕事をする機会を得られ、非常に良い経験でした。また、ワーキンググループ解散後も、自部署ではチームリーダーとして実務をこなしながらメンバーのマネジメントに取り組んでいます。総じて、課題が大きくなればなるほど、チームのフォーメーションが重要であり、組織力の大切さを日々感じながら業務に勤しんでいます。

今後挑戦しようとしていることは何ですか?

5Gは、ヒトを対象とした既存通信サービスの拡張のみならず、クロスインダストリーにより巻き起こるイノベーションを支える次世代の産業インフラとしても期待されています。
ユーザー数やサービスが成熟途上の領域で、それらを支えることができる強靭なインフラの構築を計画・設計・実現する、という大きな仕事を、通信事業者の一員として担うことは、まさに私がKDDIに入社して挑戦したかったことで、引き続き業務に励む所存です。加えて関連技術部門との業務連携を通じて、開発・検証といった経験を積む機会があれば積極的に挑戦し、技術者としての経験や視野を広げてきたいと考えています。
一方で、いつもお世話になっている家族との時間も充実したものにできるよう、子育てと仕事の両立を楽しんでいきたいです。(二兎を追う者だけが二兎を得るチャンスがある、この言葉がわたしのモットーです。)

MESSAGE

インターネット上のコンテンツ拡充により、就職先候補の企業調査においても学生の皆様がアクセス可能な情報は、私の時代とは比べ物にならないくらい膨大なものだと推察します。一方で、情報は集めすぎると決断が難しくなり、結果として生産性が低下する、というのは働いている中でもよく陥りがちな罠だったりします。
世の中には自分の知らない仕事が山ほどあり、ネットだけでのアプローチではリーチできない情報があることでしょう。限られた時間、環境ではありますが、皆さまがなるべく多くの仕事の本質に触れられる機会に恵まれ、その中から良い縁に巡り合えることを願っています、頑張ってください。

あなたはここにどんな言葉を入れますか?

通信×□

IoTという言葉が流行り始めてだいぶ月日が経ちました。従来の「人と人が電話で繋がる、テキストを送受信する。」といった世代の通信から、各種技術革新を経て今の通信サービスが展開されております。「M2M・V2X(車載通信の一体化・機械間通信)」、「センサーから集積されるビッグデータからAIが解析しソリューションを…」など、人から通信が離れているように感じることもありますが、提供される各種サービスを考え、恩恵を受けるのはヒトないしは社会であり、その大前提にある通信ネットワークを日々支えているのもヒトである。KDDIで働くようになり、通信とヒトの関係性について考える機会が増えました。

通信×ヒト