VOICE

インターンシップの内容や
KDDIの仕事・事業に対する印象の変化、
当時の経験が今にどう活きているのか、
インターンシップを経験して入社した
先輩社員の声をご紹介します。

VOICE01

体験して分かった
価値観の合う技術者と
キャリアが磨ける環境

菊地 陽介YOUSUKE KIKUCHI
参加プログラム:ネットワーク:インフラエンジニアコース
(当時の通信技術系コース)
卒業学部学科:情報理工学研究科修士課程修了
※2019年度実施内容

仕事内容や社員の価値観が分かるインターンシップ

大学時代は、車両の自動走行実現の一端を担うシステムとして、注目を集めている自動車同士の無線通信を研究していました。進化が激しく、社会的インパクトのある通信キャリア業界において、KDDIは自動車関連の会社と一緒に、世界中でつながる「コネクティッドカー」※の事業化に取り組んでいて興味を持っていました。インターンシップは他社でも実施していましたが、参加したのはKDDIだけです。その理由は、短期間に興味深いプログラムが詰め込まれていたからです。技術者の業務を体験でき、仕事内容はもちろん、どんな価値観をもった先輩がいるのかを知ることができる内容だと感じました。

※IoTの一種。インターネットに常時接続できる機能を備えた自動車のこと。それにより、道路交通の渋滞の緩和や安全走行などを実現できます。また、自動運転の実現を支える重要な技術のひとつです。

インターンシップで知った多彩な事業領域と、風通しのよい人間関係

インターンシップに参加して、新しく得た気づきが3つあります。1つ目は、KDDIは幅広い事業を展開しているので、技術者であっても方向転換がしやすく、社内で自分のやりたいキャリアを築くことができること。2つ目は、働いている人たちの考え方や論理的な話の組み立て方が自分と似ていて、心地よさを感じたこと。3つ目は、お客さまのことを一番に考えて仕事に向き合っている姿勢です。「通信は人の命もつないでいる。だから24時間365日通信インフラを守らなければならない」と話してくれた技術者の言葉が、深く心に刺さりました。こうしたことは、相互でコミュニケーションをとれるインターンシップでしか分からなかったと思います。

目指すはコネクティッドカーを通して事故をなくすこと

インターンシップを通じて、KDDIにさらに魅力を感じ、2019年に入社しました。最初の配属先である、無線通信の品質改善を行う部署では、無線通信の基礎知識を習得できました。実は、偶然インターンシップで経験したのと同じ業務だったので、スムーズに仕事に馴染むことができました。2019年10月にはコネクティッドカーの技術開発戦略を策定する部署に異動。まさに大学時代の研究分野であり、挑戦してみたいプロジェクトでした。ミーティング初日から先輩たちの会話にも入ることができ、周りから驚かれましたが、それも最初の配属先での経験が大きかったですね。改めてKDDIは社員一人ひとりのキャリアを考えてくれている会社だと感じました。目標は「コネクティッドカー」を通して事故を無くすことです。確かな情報を収集して、確実な成果を上げていきたいと思います。

菊地 陽介
技術系
2019年入社
情報理工学研究科修士課程修了

大学生の時は、研究と英語の習得に力を入れていました。特に英語は2ヵ月間の勉強でTOEIC930点を獲得し、やればできるという自信につながりました。就職先を決めるのは、人生における重大な選択の1つです。確かな情報を収集して、納得のいく判断ができるようにインターンシップを活かしてください。

※掲載情報は、取材撮影当時のものです。

VOICE02

リアルな「仕事」を体験して
お客さまに向き合う姿勢が分かった
リアルな「仕事」を体験して
お客さまに向き合う姿勢が
分かった

青砥 舞MAI AOTO
参加プログラム:新規事業開発コース
(当時のサービス企画コース)
卒業学部学科:法学部政治学科
※2019年度実施内容

学生にはイメージしにくい「通信事業」の仕事を理解するために

通信業界に興味を持ったのは、人々の生活を支えるインフラでありながら、新しいサービスにも挑戦している領域だということを知ったからです。当時は、インフラといえば「安心・安全」の事業という印象が強く、「新規事業(イノベーション)」という側面はなかなかイメージできませんでした。やはり学生の立場からすると、「通信業界」の仕事がどのようなものなのか、想像するのは難しく、だからこそ、より深く知りたいという想いがありました。KDDIのインターンシップは、当時では珍しく数少ない現場受け入れのプログラムが組まれており、事業の特長や具体的な仕事内容が分かると思い、参加しました。

インターンシップ中に感じた、新しいことに挑戦していく社内カルチャー

インターンシップでは、仕事内容はもちろん社会人として求められる心構えなど、たくさんのことを学ぶことができました。例えば、先輩の商談に同行して、お客さま視点で物事を考える重要性を実感できたり、会議ではお客さまのためによりよいサービスを創ろうという一体感が感じられ、自分の働くイメージがより具体的になりました。インターン生ながらも意見を求められ、社会人になると、常に自分が何を感じ、どう思うかを言葉にする力が必要なことも痛感しました。気になっていた「新規事業」についても、日々新しいサービスにつながる取り組みが議論され、新しいことに挑戦していくカルチャーがあることが確認できてよかったです。

将来必要となる新規サービス立ち上げのスキルを磨く

その後、KDDIのインターンシップで学び得たことを実践の場で経験してみたいと思い、入社することができました。現在の私の業務は、au PAYの加盟店開拓です。大手加盟店さまへの提案はもちろん、協業先さまとの連携、そしてキャンペーンの企画・運営を通じて、au PAYの使えるお店を増やしていくのが仕事です。au PAYは2019年4月に生まれた新しいサービス。さらに良いものにしていこうと、走りながらいろいろなことを決め、改善しています。その際も、インターンシップで感じた自分の考えを発信していく姿勢やお客さま目線を忘れずに取り組んでいます。いずれは、福祉に関する新規サービスに携わりたいと思っているので、今の部署で、将来必要となる経験が積めていると実感しています。2020年4月からは担当業務の幅が広がりましたが、お客さまにしっかり伴走して、よりスキルを磨き込んでいきたいですね。

青砥 舞
業務系
2019年入社
法学部政治学科卒業

学生時代は、大学新聞のサークルと、児童養護施設のボランティアサークルに入って、活動していました。この経験が今の目標にもつながっています。学生の時は、情報が得られず企業をイメージで決めてしまう所があると思いますが、インターンシップなどでしっかり情報を得て、自分の想いを大切に、就職活動を頑張ってください!

※掲載情報は、取材撮影当時のものです。

COURSEを見る

インターンシップの詳細は、
「MY PAGE」にてご案内いたします。
まずは「ENTRY」ボタンより
プレエントリーをお願いいたします。
みなさんのご参加を心よりお待ちしています!

2022 ENTRY
初めてエントリーされる方
2022 MY PAGE
既にアカウントをお持ちの方